五十肩について

みなさん、こんにちは。
地下鉄南北線・中の島駅徒歩2分、「椎名亮 整体院」の椎名です。

今日は「五十肩」について書いてみたいと思います。

五十肩はその名の通り、50歳代を中心とする方に多くみられます 。
40歳代の発症なら「四十肩」と呼ばれますが、症状は同じです。
痛くて肩が上がらない肩関節痛と、関節の可動域が制限される拘縮を主症状とし「肩関節周囲炎」と呼ばれています。
五十肩という呼び方は、あくまで俗称であり、正式な医学用語ではありません。

五十肩の原因はまだはっきりと分かってはいないですが、
肩関節を構成する組織が加齢などにより変化し、関節包や滑液包に炎症が起きるのが関係しているといわれています。
痛みが発生する炎症期と、移行期、肩の動きが制限される慢性期との3つに分けられます。

初めのうちは、「何となく肩が引っ掛かる感じがする」とか、「ただの肩こりかな」というようなわずかな違和感ですが、
放っておくとだんだん痛みが強くなり、肩関節が固く動きが悪くなってきます。
上腕の拳上や外転が困難になり、頭を洗ったり洋服を着るといった動作がつらくなります。
さらにひどい状態になると、夜寝ている間に、眠れないほどのズキズキとした腕の痛みが現われることもあります。
この夜間痛が出て初めて自覚し、病院や治療院を受診される方が多いようです。

肩には肩甲骨と上腕骨をつなぐ4つの筋肉(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)の腱からなる「腱板」があります。
肩を覆い支え、色々な方向に運動する支点の役目を果たしています。
五十肩に似た症状が出るものとして、この腱板の断裂があるので注意が必要です。
腱板断裂は、四十肩・五十肩とは違い、自然に治りにくく、放置すると痛みがひどくなります。
痛みが長引く場合は、五十肩と自己判断せずに一度病院を受診する事をお勧めします。

五十肩はいったんなってしまうと回復には時間がかかります。
痛みが最も強い炎症期は、無理に動かさないで安静にしましょう。

痛みが落ち着いてきたら、ストレッチやマッサージなどで少しずつ動かしていきましょう。
痛みのない範囲で、腕を回したりする体操を心がけることが重要です。
寝ている間に肩が冷えると痛みが起こることがあります。
布団から肩が出ないように、バスタオルや毛布を掛けるなど工夫をしましょう。

当店の整体施術では、首・肩・背中の肩につながる筋肉をゆるめ可動域を改善し、
肩にかかる負担を軽減させる施術を行っています。

少しでも気になる所がある方は、椎名亮 整体院の整体コースを是非お試しくださいね。
整体コースは50分・70分・100分・120分からお選び出来ます。